たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

LX100を使い倒せ!便利すぎる自動開閉レンズキャップ

しまむらくんとパンジー

オリエンタルホビーにてJJCの「LUMIX LX100専用オートレンズキャップ ブラック」ALC-LX100が販売中。価格は税別2400円。メーカー純正のDMW-LFAC1に比べると実売価格1000円ほど安価。

コンデジのレンズは自動開閉カバーじゃないと不便

デジタル一眼レフやミラーレス一眼などのレンズ交換式カメラではなく、あえてコンパクトデジタルカメラを使う大きな理由はやっぱり利便性だと思います。

PanasonicのLX100はコンパクトデジタルカメラながら4/3型センサーを搭載し、レンズも35mm判換算で24mm-75mmでワイド端の開放F値1.7、テレ端の開放F値2.8という明るいレンズを搭載しており、それでいて画素数抑えめという魅力が溢れるカメラだと思うのですが、レンズキャップを手動で外さないと撮影に臨めません。

この点はSONYのRX100MK3などと比べるとコンパクトカメラとしての利便性をスポイルしていると思います。

そんなLX100のデメリットを解消する製品が自動開閉レンズキャップです。

自動開閉するって本当に便利なんですよね。レンズ交換式のカメラを使っていると本当にそう思います。手動で外すタイプのレンズキャップって使うときには外さないといけないし、外したキャップはキチンと管理しないと「あれ、どこやった?」なんてなりがち。コンパクトデジタルカメラは多くが自動開閉するカバーを採用していますが、一部のハイエンドコンパクトデジタルカメラは手動で外すタイプのレンズキャップだったりします。

コンデジならではの利便性を追求するなら是非

以前、RICOHのCX1からPanasonicのLX3に使用カメラを変えた時に思ったことは「画質は確かに良いし、マニュアルでの撮影は楽しいけど、レンズキャップめんどくさい(´・ω・`)」でした。

あまりにもめんどくさいのでRICOH 自動開閉式レンズキャップ LC-1を加工してLX3につけていたのですが、その後専用の物が買えることを知り、JJCのLX3用の自動開閉レンズキャップALC-3を購入。当時はe-bayでないと買えない品だったような気がするのですが、LX100に関しては純正品もあるし、今ではJJCの製品を国内に輸入しているお店があるので気軽に購入出来ます。

自動開閉レンズキャップを使用するための加工など必要なく、LX100のレンズ先端にあるバヨネット式リングを外し、取り付けるだけ。外したバヨネット式のリングはきちんと保管しておかないと売却する際に付属品が欠品することになってしまうので注意しましょう。

2015年4月26日追記

ユーエヌからも自動開閉式レンズキャップが販売されています。

詳細はユーエヌからLX100用自動開閉式レンズキャップが発売。選べるノーマルタイプ(UNX-9532)とレザートンタイプ(UNX-9532LH)

UDトラック
ユーエヌが「Panasonic LX100用自動開閉式レンズキャップ」を同社の販売サイト「ユーエヌサテライトショップ」限定で販売中。価格はノーマルタイプのUNX-9532が税別
The following two tabs change content below.
たかと
2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ
しまむらくんとパンジー

全然シェアされませぬ。お情けシェアでもいいからお願いします(´;ω;`)

たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

たかと

2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ