たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

Google+は誰が何のために使っているの?

SNSで異性と繋がるたびに、先輩社員から「ヒューヒュー」って言われる

皆さんGoogle+は利用していますか?

国民の半分以上が何らかのSNSを利用する時代

皆さんは普段FacebookやTwitter、LINE、Instagram、mixiなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用していますか?

ICT総研によれば日本のSNS利用者は2015年末までに6,451万人を突破する見込みと言われているので、実に人口の半分以上がSNSを利用していることになります。

少なくともこの記事を読んでいる貴方はインターネットに接続しているのでSNSを利用しているのでは?m9(`・ω・´)

貴方のSNSの利用目的は?

SNSの使い道は人によって様々ですが、各SNSによって使う人・使われ方に傾向があるような気がします。

以下、偏見に満ちた個人的なSNSの印象。

Facebook

facebook

Facebookは大学生から社会人と年齢層は高く、実生活がわりと充実している方(いわゆるリア充)な方が主におしゃれ目の近況報告や、遠方に居る友人・知人と連絡を取るためのツールとして使っている方が多いのではないでしょうか。ビジネスマンであれば仕事のために使っている方も多そうです。

近況報告はおしゃれ目の飯、おしゃれ目の旅、おしゃれ目の日常がメイン。ちょっと良いレストランやBBQの写真にいいね!が飛び交い社会派で意識の高いつぶやきがシェアされ、いいね!とシェア数こそが正義。

実名での登録が推奨されるせいか、その他SNSではノリにノッてるノリノリボーイも影を潜めるちょっと堅苦しくて疲れるSNSという印象です(偏見)。

余談ですがFacebookは年齢、性別、住所、興味関心など多くの個人情報を持っているので他SNSでは真似しにくいパーソナライズ化した広告を表示させる事が出来ます。

Twitter

twitter

TwitterはFacebookと比較すると年齢層が若くなる印象がありますが、年齢層は幅広い気がします。Facebookのような取り繕う必要のあるSNSは疲れちゃうという方や、世間的にまだまだ理解されづらい趣味をお持ちのクラスタの方はTwitterをメインに利用しているのでは?

人によっては好きな俳優さんや女優、お笑い芸人などの芸能人、アーティスト、クリエイター、企業などをフォローしROM(Read Only Member)、情報収集に専念するだけという方も居るでしょう。

つぶやきは多岐にわたりますが多くのふぁぼやリツイートが貰えるのはおもしろ系やネタ系が強い気がします。Facebookでは憚られるようなネタでもTwitterでは主流だったり。

LINE

LINE_icon01

LINEは老若男女問わず友人・知人あるいは社内の人間など距離の近い人と繋がり、メールに変わる連絡手段として利用している方が多い印象があります。

LINEは広く公になっているSNSではないので、LINEの友だち数が少ない私にとって、まだよくわからないSNSです(笑)。

Instagram

instagram

Instagramは主に10代から20代の女性が利用していて、ブログに変わる新たな「アテクシ、こんなにおしゃれでござんしてよ?」とアッピルするためのツールとして使われているイメージです。

フィルタが正義な風潮があり、やたらとクロスプロセス風の写真をアップロードしている方が多いイメージがあります(偏見)。料理の写真まで何故かクロスプロセスまで料理が美味しく見えないのが玉に瑕。

mixi

m_balloon_icon

FacebookにもTwitterにもLINEにも惹かれなかった。あるいは使っては見たが合わなかった人が使っている印象。モンストは流行っているがmixiそのものはオワコンとささかれがちですが、残った人は残った人で既存の繋がりを楽しんでいる様子。

Google+って誰が何のために使ってるのかよくわからない

有名所というかユーザーが多く(あるいは多かった)流行っている(流行っていた)SNSに関しては上述したような印象を抱いていますが、ある程度有名なSNSの中でよくわからないサービスが一つあります。

それがGoogle社が提供しているGoogle+です。

このGoogle+に関してはなんだかよくわからないというのが正直な印象で私の周りでGoogle+を頻繁に利用している!という人を見たことがないです。お前、大して知り合いいないだろ!いい加減にしろ!と言われるかもしれませんが、どういった人がどういった用途で使っているのか本当にわかりません。

勘違いされると困りますが、決してGoogle+は流行ってないし、やる価値が無いという事を言いたいわけではありません。ただ、私にとっては偏見を持ってしまうような印象すら無い…という感じなのです。

流行っているけれど私が疎いだけ、あるいは一部の人を夢中になせる何かがあるのかもしれません。もし自分はSNSの中ではGoogle+を愛用しているという方が居たら是非「Google+ってこんな感じ」っていうのを教えて欲しいです(´・ω・`)

宣伝します(`・ω・´)

急になんでこんな事を言い出したかっていうと明後日アナライザのGoogle+のページを利用しだしたからです(笑)。

といっても更新情報を流しているだけですし、FacebookページやTwitterにも言えることですが、私は各種SNSのフォロワーがあんまり居ないので効果がGoogleアナリティクスで見る限りほとんど効果がありません。

各種SNSのアドレスを張っておくので良かったら…(´・ω・`)

とはいえSNSって基本的に交流の無い人の発信なんて見ないじゃないですか。よほど盛り上がってれば別ですけど。

SNSからの流入を期待するのであれば、よほどコンテンツが面白くない回切りは自分から積極的に交流していかなきゃ駄目だっていうのはわかるんですけど、それはそれでしんどいんですよね。交流相手のブログなりコンテンツを見ていいね!を押したりコメントを付けないと、自分も見てもらえないわけです。

自分が本当に興味のあるモノは自分で勝手に反応しますし、自分の関わったモノに100%純粋なレスポンスがあるのは嬉しいですが(だからコメント付いたりするとニヤニヤしてますニヤニヤ)、それが付き合いで仕方なくやるようになったら手間が増えるだけな気がするんですよね。

他のブロガーさんなりがキャッキャと交流しているのを楽しそう!と思ったりもしますが、私がそれをやると続けていくうちにしんどさの方が上回って行ってしまいそうです(´・ω・`)

酸っぱい葡萄やんけ!と感じる方もいるかもしれませんが、壁打ちのように黙々とやっているのが私の性に合っていると思うのでこれからもアナリティクスの数値に一喜一憂しながら黙々と更新していきますm9(`・ω・´)

 

The following two tabs change content below.
たかと
2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ
SNSで異性と繋がるたびに、先輩社員から「ヒューヒュー」って言われる

全然シェアされませぬ。お情けシェアでもいいからお願いします(´;ω;`)

たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

たかと

2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ