たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

マイクロフォーサーズの魚眼レンズの選び方。タイプ別におすすめ出来る魚眼レンズ

魚眼 DE しまむらくん
6月26日にOLYMPUSから発売されるマイクロフォーサーズレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」ですが、既に販売されているマイクロフォーサーズマウントの魚眼レンズにはPanasonicの「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」とSAMYANGの「7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT」などがあり、どれを選べば良いか悩める貴方に送ります。

これまでのマイクロフォーサーズの魚眼レンズ

これまでマイクロフォーサーズの魚眼レンズはPanasonicのLUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F008、SAMYANGの7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT、OLYMPUSのフィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980、Lensbabyのレンズベビー サーキュラー フィッシュアイの4種類が用意されていました。

Panasonic LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F008

SAMYANG 7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT

OLYMPUS フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980

Lensbaby レンズベビー サーキュラー フィッシュアイ

新たな刺客M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

そこにOLYMPUSからM.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROが発売されることになり選択肢が広がりました。

どの魚眼レンズを選べばいいの?(´・ω・`)

とりあえず魚眼レンズが欲しいけどどれを選べば良いのか、気になるところだと思います。

ざっくり言うと

魚眼レンズで遊んでみたいけどあんまり使わないだろうし極力お金は出したくない人

貴方にはフィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980がおすすめです。9000円前後で購入出来ますし、ボディーキャップレンズと謳う通り、レンズとは思えない薄さ。重さは僅か30gなのでコンパクトなE-PL7あたりマイクロフォーサーズボディにはぴったりでしょう。

全周魚眼(こういった写真)を楽しみたいを楽しみたい人

貴方にはレンズベビー サーキュラー フィッシュアイが選択肢に挙がります(マイクロフォーサーズボディでは上下が切れてしまうので完全な全周魚眼にはなりません)。

上記に当てはまらなかった人

ベーシックな魚眼レンズをお求めな貴方はM.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROLUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F0087.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFTの中から選ぶと良いでしょう。

ベーシックな3種類の魚眼レンズを比較

それぞれを比較した表がこちらになります。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROLUMIX G FISHEYE 8mm / F3.57.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT
外観
OLYMPUS フィッシュアイレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO マイクロフォーサーズ用 単焦点魚眼 EF-M0818PROBLK
Panasonic マイクロフォーサーズ用 8mm F3.5 単焦点 魚眼レンズ G FISHEYE H-F008
SAMYANG 単焦点広角レンズ 7.5mm F3.5 ブラック マイクロフォーサーズマウント用 マイクロフォーサーズ対応 882907
メーカーOLYMPUSPanasonicSAMYANG
フォーカスAF/MFAF/MFMF
マウントマイクロフォーサーズ/金属マウントマイクロフォーサーズ/金属マウントマイクロフォーサーズ/金属マウント
レンズ構成15群17枚9群10枚7群9枚
画角180°180°180°
絞り羽根枚数7枚羽根 円形絞り7枚羽根 円形虹彩絞り6枚
開放絞り値F1.8F3.5F3.5
最小絞り値F22F22F22
最短撮影距離0.12m0.10m0.09m
フィルター径前面取り付け不可前面取り付け不可前面取り付け不可
全長80mm51.7mm48.3m
質量315g165g190g
防滴・防塵××
作例公式作例PHOTOHITOPHOTOHITO
価格の目安105,000円61,500円30,500円

3種類の魚眼レンズの選び方

ベーシックな3種類の魚眼レンズの選び方を提案します。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

OLYMPUSのE-M1E-M5 MarkIIあたりの防滴・防塵を謳うボディと組み合わせ過酷な環境で撮影を行いたい、明るいレンズが良いという方はM.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROが良いでしょう。明るさに関してはF3.5の魚眼レンズ達と比較してほぼ2段明るく、同じ条件でならば1/4のシャッタースピードでシャッターを切れることになります。

ただし3種類の中では価格が一番高価で、10万円以上。重量はマイクロフォーサーズの単焦点レンズとしてはやや重め。コンパクトなマイクロフォーサーズボディを使っている方はそれがスポイルされてしまうかもしれません。

LUMIX G FISHEYE 8mm / F3.5

レンズの明るさは求めないし、あんまりレンズが大きく重くなるのも嫌。ある程度お金は出しても良いよという方はLUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F008が良いでしょう。

ボディーキャップレンズやパンケーキレンズほどではないにしろ、マイクロフォーサーズのコンパクトさを活かしたレンズ作りをしており、気軽に持ち歩くことが出来ます。

7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT

オートフォーカスも要らないし、なるべく安い方が良いという方は7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFTがおすすめです。

ただし、国外のメーカーのために何かあった時のサポート耐性にやや不安が残ります。

私はどれを買おうかな…

マイクロフォーサーズの魚眼レンズが欲しい!と前々から思っていたのですが、M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROはいかんせん高価ですね(明るい単焦点なので仕方が無いとは思いますが)。また重さがLUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F008の2倍くらいあるので、GX7と組み合わせて使うことを考えた時に、ちょっと大きいかなとも思っています。

とりあえず、店舗で試写させてもらって考えることにしますが、M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROも気になってるんですよね…。ううーん、悩ましい。

OLYMPUS製品はオリンパスオンラインショップで購入するという選択も!

OLYMPUS製品はAmazonや楽天、ヨドバシ.comで購入しても良いんですがオリンパスオンラインショップで購入するという選択肢もあります。

はっきり言ってしまうとその他のECサイトと価格面で比較すると劣っているので通常時にオリンパスオンラインショップを利用するメリットはあまりないのですが、新年のタイミングで販売される福袋商品などはそれなりにお得な場合もあるので要チェックです。

またオリンパスが提供している写真投稿コミュニティFotopusに写真を投稿するとオリンパスオンラインショップで利用出来るポイントが入手出来るので上手く利用すれば、それなりに安く購入する事も可能ですd(`・ω・´)b

試し撮りしてきました

発売されたので早速店頭で試し撮りしてきました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROのボケ具合を試し撮り。F値1.8は凄かった!

The following two tabs change content below.
たかと
2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ
しまむらくん31

全然シェアされませぬ。お情けシェアでもいいからお願いします(´;ω;`)

たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

たかと

2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ