たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

アドセンスのリンク広告は不要だと思う3つの理由

ひなたぼっこなう。
明後日アナライザはアドセンスのリンク広告では何の成果も!!得られませんでした!!

Googleアドセンスには広告の種類がある

ウェブサイトやブログでマネタイズをする際の強い味方Googleアドセンス。

恐らくこのエントリーを見ている貴方もGoogleアドセンスを導入していると思いますが、Googleアドセンスには広告の種類があります。

大別すると広告ユニットとカスタム検索の二種類に分かれるのですが、実は広告ユニットにも種類があります。

一つはテキスト広告とイメージ広告が出る広告ユニット(赤丸で囲んだ部分)です。

アドセンス1

アドセンスはクリック報酬型広告のなかではクリックあたりの単価が高いのでついベタベタと貼り付けたくなってしまいますが、このタイプの広告ユニットは基本的に1ページあたり3つまでしか表示させてはいけない事になっています。

Googleに認められ担当者が付けば3つ以上貼り付ける事も可能らしいのですが、認められていないサイトでそれをやるとGoogleから警告受け、最悪アカウントを剥奪されるのでやめましょう。

Googleに認められ担当者が付けるのは弱小サイトでは中々難しそうですが、実はGoogleの許可がなくても広告の数を増やすことが出来ます。

それがリンクタイプの広告ユニット(赤丸で囲んだ部分)です。

アドセンス2

このリンクタイプの広告ユニットはテキスト広告とイメージ広告が出る広告ユニットとは別に3つまで表示させることが可能なので合わせて最大6つまで表示させる事が可能です。

2016年11月11日追記

AdSenseから広告ユニットの上限が撤廃されました。

でも、明後日アナライザではリンクタイプの広告ユニットを廃止しました

雑多ブログにとってクリック報酬型の広告の収入は大きな柱の一つ。その柱が太くなる分には大歓迎と考え私もリンクタイプの広告ユニットを2つほど表示させていました。

一つはサイドバーに

アドセンス3

もう一つはPCビューのみですがフッターに

アドセンス4

しかし、今はこれらのリンクタイプの広告ユニットを表示させることをやめました。

だって、全然クリックされないんだもん(´・ω・`)

というのも6月はそれなりのアクセスがあったにも関わらず一度もクリックされなかったんですよね。

リンクタイプの広告ユニットは単価が低いので大きな収入にならないのは事前知識としてありましたが、そもそもクリックがされないので単価以前の問題です。

確かに私がリンクタイプの広告ユニットを設置した位置は恵まれているとは言えません。ページビューに対し表示された回数がその他の広告に比べて低いのは仕方ないと思います。

サイドバーはスマートフォンビューだと下部に潜り込みますし、フッターに到ってはスマートフォンではそもそも表示されないのでスマートフォンで見ている人に対してはほとんど表示されなかったのでしょう。

アドセンスのパフォーマンスレポートの画像を乗せると規約違反になるので言葉のみの説明となりますが4万のPVに対して合計で200回ほど表示されているのにも関わらず一度もクリックされていないんです。

同期間PCビューで見られているテキスト広告とイメージ広告が出る広告ユニットは大体150~180回の表示に対して1回ほどクリックされているのに関わらずです。

もっと言うとこのブログを開設した当初からリンクタイプの広告ユニットを貼り付けて計500回は表示されていたようですがその間1度もクリックされませんでした。

ここまでクリックされないなら、もう外してその部分に関連記事だの最新記事だの表示させる方がよかろうと思い完全に撤去しました。

リンクタイプの広告ユニットがクリック率が上がる方法教えます

実はリンクタイプの広告ユニットのクリック率を上げる方法があります。それは横長のリンクタイプの広告ユニットをナビゲーションメニューっぽく設置するだけ。

というのもBloggerでブログを運営していた頃はグローバルナビゲーションバーの下部に横長のリンクタイプの広告ユニットを配置していたのですが、これはそこそこクリックされていたんですよね。今のPVよりもはるかに少ないPVであるにも関わらずです。

でもこれってクリックしていた人は恐らくサイトのメニューだと勘違いしてクリックしていたと思うんです。

リンクタイプの広告ユニットが不要な3つの理由

私が知る限り、リンクタイプの広告ユニットを設置しているウェブサイトやブログはサイト上部であろうが下部であろうがサイドバーであろうが大抵そのサイトのメニューっぽく設置しています。そして私もそうでした。

でもそれって閲覧者を欺こうとしている気がするし、Googleアドセンスが目指している方向とズレている気がしますし、何よりサイトの見やすさに悪影響を与えていますよね。

またリンクタイプの広告ユニットは発生報酬に2クリックを要します(リンクタイプの広告ユニットはクリック先のページにある広告をクリックしないと報酬にならない)、そしてテキスト広告とイメージ広告が出る広告ユニットと比較すると単価が安いです。

まとめると以下のようになります。

  1. クリックさせるために閲覧者を利便性を損なっている。
  2. 報酬発生に2クリックを要する。
  3. 単価が安い。

これらを踏まえてリンクタイプの広告ユニットは不要であるとの結論にたどり着きました。

今よりアクセス数が10倍くらいになれば再設置も考えてみますが、そこまでのPV数があるのであればなんらかの広告主を自分で募集でもした方が良さそうな気もします(´・ω・`)

The following two tabs change content below.
たかと
2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ
ひなたぼっこなう。

全然シェアされませぬ。お情けシェアでもいいからお願いします(´;ω;`)

たかと
Amazonプライムに入る13のメリットを紹介。年会費以上の価値は絶対あるよ
今、人気のある記事だよ。一生懸命書いたから是非読んでみてね!(´;ω;`)
Amazonプライムのメリットわかりやすく解説しているよ!(`・ω・´)

今なら無料体験実施中もしてるんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

たかと

2016年3月に大学を卒業後、同年7月末日まで内定をいただいた会社に日常をおかされつつ社会人の真似事をしておりました。おかされるという意味合いでは対魔忍だったと言えるでしょう。 その後、おちんぎんに屈する事なく晴れてニートになりました。 詳しいプロフィールはコチラ